calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

噂のペン竿

in motion / L.E.D.

categories

archives

今年も引き続き挑戦。

昨年サポートさせてもらったキセルのライブで本格的に使い始めたフルート。実は過去に何度か挑戦したものの、身につけられず諦めてきた楽器だった。なんとキセルのツアーでは参加する楽曲の半数ほどをフルートで吹く事になり、個人的にはかなりのチャレンジになった。ツアーのリハーサルが始まるまでに、本気で練習すればなんとかなるだろう、と思っていたが、挫折を繰り返してきただけあって、まあそうは問屋が卸さない。あっさりと行き詰まってしまった。。そんな時に知り合いにフルートの先生を紹介してもらって何度かレッスンを受けたのだが、それがとても効果的だった。やっぱり専門家にお願いするのが一番の早道なんだと痛感。もちろんすぐにバリバリ吹けるようにはならないけれど、あれこれ迷いがなくなったのは大きかった。上達の遅い自分のフルートを我慢強く見守ってくれたキセルのお二人には感謝の気持ちしかない。今年もこのまま練習を続けてクオリティを上げるのは勿論、自分のソロでも使ってみようかと考えている。

 


リードについて

自分のイメージする音が出ない時、何が原因なのかわからずよく悩んでいました。楽器なのか、マウスピースなのか、リードなのか、結局は自分なのか。。たいがいリードかアンブシュアの修正で良くなる(と感じる)気がします。リードは高価なものだし、そんなにポンポン買って選べない。マウスピースとの相性で鳴りが変わったりするから、そうなると選択肢がものすごーく増えるし。バラつきがあるので一箱中にこれ!と思えるのは数枚あれば良かったりするし。いかに良いリードに巡り合うか、サックス吹きであれば誰しも望んでいることではないでしょうか。

 

最近は吹っ切れたのか、あまりクヨクヨ考えることがなくなってきましたが、このところは「楽に吹きたい」というのがテーマ。アルトはLa VozのMH、ソプラノはヴァンドレンの青箱3半という若干どちらも硬めの番手で、その中でも柔らかいものを選んでいる感じです。ワンランク柔らかくしてしまうとダメなんですよね。あとは硬めのものをマッサージして使ってみたりしています。

 

人によって様々な管理の方法があるのも面白いところです。ずっとミネラルウォーターに入れて濡れた状態で保存とか、1年くらい日本酒に漬けておくと鳴るようになるとか。先日土岐英史さんのDVDを観ていたら、リードの湿度のコントロールについて解説するくだりがあって面白かったですね。自分は普通にリードケースに入れる程度。調子が良いリードはマウスピースとの位置を変えたくないので付けっぱなしの時も結構あったりします。

 

リードと言えば、10年ほど前にmi-neというバンドでサックスの武嶋くん(EGO-WRAPPINなどでお馴染み)と2管で吹いていた時期があるのですが、彼は「リード選びに悩まないですよ〜」って言ってましたね(笑)。さすがタケちゃん!


1/21はMEGALEVのライブ!

今週末21日はドラム、ベース、サックスのトリオ、MEGALEVのライブ!ツインボーカルバンドcheersさんからのお誘いです。下のメンバー名を見て下さい。似たような名前が2人いますよね…。この2人、なんと中学の同級生で同じクラスだったとか!名前が似すぎて、入学式の時に同時に返事をしてしまったというエピソードは可笑しかった、、、。数年前にSNSを通じて再会するまでお互い音楽の世界に身を置いている事を知らなかったというのも驚きです。そんな2人の初対決ライブ。ぜひお越し下さいませ〜!!

 

ot−kg night ~オータコージvsオータワコージ


■cheers■
 vo&key オータワコージ
 vo&ag 青木千春
 eg&ag 中嶋陽介
 wb 永田範正

 

■MEGALEV■
 sax 加藤雄一郎
 bass 山本"カブレラマン”昌史
 drums オータコージ

 

■opening act : 夢積■
 vo&ag 齊藤夢積
 piano 菅沼翔揮)

OPEN 18:00 / START 18:30
料金:前売り2,500/当日3,000 ドリンク別 
学生証掲示で1,000割引


使用楽器とセッティング

 

今日は使用楽器やマウスピースについて書いてみたいと思います。

 

Alto Sax : Selmer Super Action 80 SERIE II

mouthpiece : Claude Lakey 5*3

reed : RICO La Voz MH

ligature : Wood Stone GP

 

Soprano Sax : Selmer Super Action 80 SERIE II
mouthpiece : Selmer S80 C☆

reed : Vandoren Traditional 3 1/2

 

Tenor Sax : iO TS-1085

mouthpiece : BARI Hybrid 8

reed : Vandoren JAVA 3

 

アルトとソプラノは25年ほど使い続けているもの。マウスピースとリードはアルト・ソプラノ共に、ほぼ変わっていません。(あれこれ試してはいますが、他のものを使い続けるに至らず) アルトのレイキーは10数年前から同じものを使用しています。歯が当たるところがエグれていくので自分で補修しながら使っています。ソプラノのマウスピースは楽器を買った時に付いてきた物なので25年は使っていますね。。何の変哲もないCワンスターなのですが、自分には合っているというか。これもやはり削れてしまうので、補修は欠かせません。ちなみに補修にはmutoのプラリペアを愛用しています。ワンスターは定番の現行モデルなので入手し易い!という事で後継者を探すべく楽器店で10本ほど試奏して、1本だけ近いものがあったのでそれをストックしてあります。テナーのマウスピースは以前に矢沢永吉ツアーに参加するにあたって、当時不慣れだったテナーをいかに楽に吹けるかを最重視して選んだBARIのHybrid。テナーに関してはまだまだ煮詰めていかなければならない部分が多く、これからといったところです。

 

とまあ、改めてどれも非常にベーシック。何かの参考になれば幸いです。もし質問などありましたら、コメント欄かHPのお問い合わせページからご連絡下さい。近々リードについても少し書いてみたいと思います。ではでは〜♪

 

(補修して仕上げる前の状態)

 

 


クマガイマコト×加藤雄一郎 LIVE TOUR 2017

ここ数日は東京も寒いです。積雪のある地域の皆さんはどうぞお気をつけて!

 

さて、そんな雪どころの一つ、新潟を拠点に全国で活動しているシンガーソングライターのクマガイマコトさんと関東と東北を中心に2マンツアーを行うことになりました。クマガイさんとはアニーキーのライブで対バンとしてお会いしたのが出会い。同い年ということがわかって意気投合したこともあり、いずれソロで2マンツアーでも、なんてしていた話が実現しました。会場は横浜・藤沢・富津・福島・米沢・水戸・所沢の7ヶ所。初めて行くお店が4店もあり、非常に楽しみ!少し怖いのは真冬の米沢か、、まあそれも含めてエンジョイしたいと思います。お近くにお住いの皆さん、聴きに来て下さい!ご予約は各店舗までか、私のOFFICIAL  WEBのコンタクトページからご連絡下さい。それでは♪

 

2017 2/17(金)
◆横浜Earthly Paradise
19:00 open/19:30 start
2,500円(お通し付き+別途要オーダー)

 

2017 2/18 (土)

◆藤沢BAY134
18:00 open / 20:00 start
2,500円(別途要オーダー)

 

2017 2/19(日)

◆富津Cafe Gallery lavandula
19:00 open / 19:30 start
2,000円(別途要オーダー)

 

2017 2/21(火)
◆福島AS SOON AS
19:30 open / 20:00 start
2,500円(1D付)

 

2017 2/22(水)
◆米沢LIVE-ARB
19:30 open / 20:00 start
2,500円(別途要オーダー)


2017 3/11(土)
◆水戸 Paper moon
19:00 open / 19:30 start
前売2,000円 / 当日2,500円(別途要オーダー)
OA: tetkek(テチケケ)、他
http://papermo-on.org/


2017 3/12(日)
◆所沢 音楽喫茶MOJO
18:00 open / 19:00 start
予約2,500円/当日3,000円(別途要オーダー)
w/ヒトリズム(ナカムラ@モアリズム)
OA:テッチントバショウ

 

 


| 1/182PAGES | >>