calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

噂のペン竿

in motion / L.E.D.

categories

archives

20周年おめでとうございます!

自分の音楽活動を振り返った時、とてつもなく大きな影響を与えてくれた何人かの音楽家がいる。

 

中でもこの人にはどれだけ多くのことを教えて頂いたのだろう。

 

Calm 20周年のアニバーサリーイヤー。

 

Calmの20年に自分の今までを重ね合わせたりしながら、

このbest of best盤を楽しみたいと思います。

 

きっとまた新しい発見があるのだろうな。

 

深川さん、まだまだ学ばせてもらいますよ。

 

おめでとうございます!

 

 

※Calmさんのブログもご一読下さい!
http://www.music-conception.com/calm/blog/

 

 

Calm
“20 Years Citrus Mellowdies” (Music Conception)

2017.5.24.発売

DISC1
1 Running on the Sand
2 Light Years – 2017 Full Moon Mix
3 Utopia & Visions
4 Cosmic Language
5 Song for Sea of Tranquility
6 New Beginning
7 Earth Song
8 Waltz for the Virgin Forest – Live
9 Journey to the Shadow of the Earth
10 Oasis -2017 Full Moon Mix

Disc2
1 Music is Ours – Saxmental
2 Sunday Sun
3 Pharoah – The Sun
4 Umi-Uta – Sea Song
5 Pearls and the Sun
6 Peace
7 Pining
8 White Breath
9 Authentic Love Song
10 Stories

GWは練習?

台湾レポートの続きを書かねばと思いつつフルートの練習。地道にやってますよー。



皆さん良いGWを!


初めてでした

先日ギタリストの八橋義幸くんのソロライブを聴きに下北沢leteへ行ってきた。八橋くんとは2005年頃に堂島孝平くんのライブサポートでご一緒してからの付き合い。Superflyをはじめ多くのアーティストのサポートで素晴らしいギターを聴かせているギタリストだ。ソロでも活動していて、leteでもワンマンをしているのはずいぶん前から知っていたので、いつか観に行ってみたいなと思っていた。

八橋くんのソロはアコギとエレキを使い分け、弾き語るスタイル。leteの空気感に合う素晴らしいライブを聴かせていた。何せ間近でギタープレイが見られるという所が良い!また聴きにいこう。

実は10年以上自分自身leteでライブをしているけれど、お客で行ったのはなんと初めて。客席からはこんな風に見えるのか、、など発見があったり、次回のワンマンに向けてイメージを膨らませることができたのも良かった。

そんなleteでの私のワンマンライブは、ジャズギタリストの齋藤純一くんを迎えて4/7(金)に。是非聴きに来て頂きたいです。


折れない

譜面を書いたりする時に使っているシャープペンシル。

少し芯が太めの0.7mm。

 

なかなか良い感じです。

 



自録り

自撮り、、、ではありません。

 

自分で録音の方です。

 

3rdアルバムのFlycatcherは、ほぼこんな感じでセルフレコーディングで録った。

 

仕事であれば、誰かディレクションしてくれる人がいたりするけれど、すべてを自分でやっているとジャッジが難しい。

 

なんてことないワンフレーズに1時間以上かかってしまい、そんな自分に愕然としたりする。

 

でも一応最終的にはOKなテイクが出来上がるのだから、奇跡としか言いようがない。

 

そんなわけで、4枚目のソロアルバム、ゆっくりとですが制作中です。

 

どこかでギアを上げます!

 

(しっかり自撮りしてる 笑 )

 


モーツァルト

AmazonプライムでMOZART IN THE JUNGLEというドラマを見始めました。オーケストラの舞台裏を描いたコメディで、凄く面白い。クラシックの世界にはあまり縁がないので、とても新鮮です。MEGALEVやNATSUMENで長い付き合いのベーシスト、カブレラマンがオケの仕事もしているので、今度色々聞いてみようか。笑

写真はモーツァルトとを描いた映画と言えばこれ、ということでアマデウス。

この映画も大好きだ。




MJ自伝

先日、時間つぶしに古本屋をぶらぶらしていたら目が合いました。

 

 

 

けっこう好きなんです。自伝物。

 

おすすめがあれば教えて下さい♪

 


本日FM横浜、The Burnに出演です!

この後7時15分からFM横浜のアウトドア番組、The Burnに出演します。シンガーのmiya takehiroくんが出演するという事で、釣り好きサックス奏者として同行します。スタジオライブあり?聴いて下さい♪




コンピレーション"風を感じる音楽"に参加

2月2日発売の"風を感じる音楽"をテーマにしたコンピレーションアルバムに書下ろしの新曲を提供しました。とても良いコンピに仕上がっていますので是非聴いて頂きたいと思います!

今回「Velvety Breeze」という曲を提供しました。ズバリ、曲のイメージは釣りをしている時に浮かんだもの。波ひとつ立たない穏やかすぎる湖上に、ようやくビロードのような柔らかい風が吹いてくる…。釣りには適度な風が吹いた方が良く釣れるとされていたりするので、ベタ凪になると、風が吹かないかなあ、などと思ったりするのです。(そんなわけで、この曲の仮タイトルは"風を待つ"だったりします)

アルバムはAmazonなどの通販サイトからお買い求め頂くのが早いかと思います。聴いて下さいね♪

「東京インディシーンを賑わすLUCKY TAPESのフロントマンKai Takahashi、フォークトロニカの新星[.que]ら参加!全曲書下ろし、未発表曲収録!“風を感じる音楽”をテーマに、エレクトロニカ、フォークトロニカ、アンビエント、ポストロック、シューゲイザーがミックスした、叙情感ある音楽を奏でるコンピレーション・アルバム。」

1. breathing - yutaka hirasaka
2. 風はやがて - paniyolo
3. Snowy Afternoon - Kai Takahashi[LUCKY TAPES]
4. velvety breeze - Yuichiro Kato
5. short trip - [.que]
6. Shima Zori - enami Taisuke
7. branches - yutaka hirasaka
8. Blowin' in the Wind - yoshida carlos[indoors]


今年も引き続き挑戦。

昨年サポートさせてもらったキセルのライブで本格的に使い始めたフルート。実は過去に何度か挑戦したものの、身につけられず諦めてきた楽器だった。なんとキセルのツアーでは参加する楽曲の半数ほどをフルートで吹く事になり、個人的にはかなりのチャレンジになった。ツアーのリハーサルが始まるまでに、本気で練習すればなんとかなるだろう、と思っていたが、挫折を繰り返してきただけあって、まあそうは問屋が卸さない。あっさりと行き詰まってしまった。。そんな時に知り合いにフルートの先生を紹介してもらって何度かレッスンを受けたのだが、それがとても効果的だった。やっぱり専門家にお願いするのが一番の早道なんだと痛感。もちろんすぐにバリバリ吹けるようにはならないけれど、あれこれ迷いがなくなったのは大きかった。上達の遅い自分のフルートを我慢強く見守ってくれたキセルのお二人には感謝の気持ちしかない。今年もこのまま練習を続けてクオリティを上げるのは勿論、自分のソロでも使ってみようかと考えている。

 


| 1/12PAGES | >>