calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

in motion / L.E.D.

categories

archives

Flycatcherのアートワーク

この方。

痴虫」という名前のルアーメーカーを営む松本光弘さん。




Flycatcherのアルバムジャケットを描いているのはこの方です!ほんと念願だったんですよ。。。

松本さんの存在を知ったのは確か釣りにハマり始めた2008年頃。変わった名前のヘンテコなルアーを作る面白そうな人がいるんだな〜と知らぬ間にインプットされていました。その後、2010年に名古屋で行われたJFLCCに痴虫が参加されていて、ちょうど私もYAZAWAツアーで名古屋を訪れていたタイミングと重なり、見に行ったJFLCCの会場で六度九分ユキトモさんに紹介していただいたのが最初の出会い。翌年の3月に桧原湖のアイスフィッシングで再会した際に、アルバムジャケットを描いてもらいたいとお願いしたわけです。それから震災があったり、ルーズな自分の制作ペースによって随分時間はかかりましたが、念願叶って描いていただいたのがこのFlycatcherのジャケットの絵なのです。

実は松本さんに絵をお願いしたいと思ったのにはきっかけがあります。それが下のパネル。






平面にパネル化された痴虫ルアーのカラーリングの美しさとそれを纏うルアーのデザインに、それまでその奇抜さだけにフォーカスしていた自分の視点が変わりました。なんかめちゃくちゃ良い!これ、アルバムジャケットにしたら面白いかも、、、と。今でこそバス釣り業界の異端児として大活躍されている松本さんですが、なんと東京芸大出身で、その後村上隆氏の元で活動していたというアート畑の方だった事実を知ってえらく納得したのでした。

そんなこんなで「痴虫のホットタイガーで!」という私のオーダーで出来上がったのが今回のジャケットです。下半分が大胆に暗く塗られた、不思議な奥行きのある絵です。このジャケによってアルバムの音にはない部分を加味してもらい、アルバムの世界が広がりました。




ジャケ画パネルの裏側にサインをしている様子です。





本当に松本さん、ありがとうございました!!!(涙)

最後に、、

私も釣り人で痴虫ルアーのユーザーの端くれ。
職権乱用で今回のジャケットのカラーを痴虫ルアーに塗ってもらおうと考えています!!
ライブ会場にアルバムと一緒にそれが置いてあったら「なるほどこういうことね」と納得してもらえるのではないかと。
ツアーのどのタイミングからかはわかりませんが登場する予定です。(販売はあるのかな??)

そんなYuichiro Kato のnewアルバム"Flycatcher"は 9/10発売となります。

よろしくお願いします!!!

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック