calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

in motion / L.E.D.

categories

archives

3デイズの裏テーマ

9/30〜10/2に加藤雄一郎ナイト・秋編として行った3日間のソロライブ。三会場は全て満席御礼!本当にありがとうございました。


今回初めて参加してくれたシンガーソングライター宮 武弘くんの素晴らしいライブのおかげもあり、最高の盛り上がりを見せたわけですが、、、そう、この加藤雄一郎ナイトには裏テーマが存在します。そのテーマとは、「3日間ライブの前に釣りを楽しむ!」こと。ある意味、堂々と釣りをする為にライブを組むという本末転倒な3日間なのです。そもそもイベント企画者の鮎瀬氏は福島のコアな釣り仲間の集団、チームトーホクの代表であり、私がクランクベイトの釣りにどっぷりのめり込む状況を手助けしてくれた人物。完全に確信犯ですね(笑)。

そんなわけで今回もバッチリ楽しんで参りました!







まず初日の9/30は桧原湖へ。現地の朝の気温は7度!既にフリース、ライトダウンが必要な感じ!?この日は今年マイボートを手に入れて勢いづくあっくんの船にお世話になりました。もちろん宮くんも半ば強制的に参加です(笑)。午前中はトレーラーの検査のためあっくん不在の中、宮くんと2人で出発。鮎瀬さんの船と共にシャローを中心に巻きまくりますが、反応を得られず午前中が終了。午後はあっくんの指導のもとにダウンショットをリグってディープの釣りに挑戦!最北エリアまで足を伸ばしてチェックするも無念のタイムアップ。桧原湖、相変わらず難しいですね〜。それにしてもこの景色!釣れなくてもいい!(ウソです)





翌10/1はチームトーホクのナベさんのバスボートに乗せて頂きました。ちなみに宮くんは安達太良高原のイベントで欠席です。2日目のフィールドは福島最大のビッグレイク!これまた圧巻の景色。釣りをしていて良かったと思う瞬間です。まずはスロープ近くのエリアをフットボールシグでチェック。来ればデカい魚が出る場所との事でしたが、残念ながら反応ナシ。その後、要所を回るもバイトは遠い。。しかし昼頃に入った沖のハンプでゲームは動き出しました。ナベさんの的確な指示でハンプに向かって投げたライトキャロを丁寧にズル引いていくと、ココン、とティップが入りなんとその一投目にヒット!!嬉しい!




興奮冷めやらぬまま投げた2投目もヒット!プチ連発モードに突入です。いやー、楽しい楽しい♪ 釣り人とは贅沢なもので、数は出るがサイズが伸び悩む状況を打開すべく最後はビッグワンを狙いに移動することに。そんな意気込みで入ったストレッチ。少し沖までゴロタが入り、その切れ目からブレイクになっている様子。ナベさんが表層でスイングベイトを巻くと、どこからともなく湧いてくるバス達の姿が!以前に琵琶湖北湖で六度九分の行友さんと釣りをした時に効果的だったウルトラスレッジをトゥイッチ、ジャークしてみると、これがまた好反応!サイズは小さいものの最後はワンキャストワンヒット状態となる釣れっぷりで、後ろ髪を引かれる思いで釣行を終えました。サポートしてくれたナベさんに感謝です!




そして最終日となる3日目のフィールドは昨日の釣果を受けて同じ湖に決定!チームトーホクメンバーの多くが揃い賑やかな釣行となりました。



準備を終えて2,3人ずつボートに分乗してスタートです。船頭はたいちゃん。宮くんも私と共にボートに乗り込み出発です。朝イチは昨日入れ食い状態になったストレッチへ。期待を込めてウルトラスレッジをトゥイッチしまくるも魚が浮いてこない、、。明らかに状況が変わってしまったようでした。また後で入り直す事にして、ディープをダウンショットで探る釣りにシフト。程なくして私にヒット!楽し〜 ♪





しばらくこのエリアを釣った後、シャローをスレッジで流していくと、、、ハヤ様の登場。やる気のある方大歓迎です♪ ここまでヒットがない宮くんにどうしても釣ってもらいたかったので、反応が良い私のルアーをレンタルしてもらう事に。するととうとう来ました!バイト丸見えで、3日間で一番の盛り上がりだったかも、、(笑)。初スモールおめでとう!その後、宮くんはダウンショットでも追加して、何気に沢山釣ってましたね。この笑顔が全てを物語ってます。釣れて良かった!





決してイージーではなかった3日目でしたが、たいちゃんの丁寧なアドバイスとサポートで良い釣りをさせてもらいました。たいちゃん、サンキュー!



と、こんな感じで3日間釣り倒しました。釣りの後は、会場に移動→ライブのセッティング→ライブスタートという流れになっていて、まあまあタイトでしたね。毎度の事ですが。



こんな風に思いっきり釣りをして、しっかりライブも出来るという夢のような企画は他にはありません。改めて鮎瀬さんはじめ、仲間達のサポートに感謝したいと思います。次回はライブのない日を作って朝から晩まで丸一日釣りの日にしたいな、、、なんて。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック