calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

in motion / L.E.D.

categories

archives

使用楽器とセッティング

 

今日は使用楽器やマウスピースについて書いてみたいと思います。

 

Alto Sax : Selmer Super Action 80 SERIE II

mouthpiece : Claude Lakey 5*3

reed : RICO La Voz MH

ligature : Wood Stone GP

 

Soprano Sax : Selmer Super Action 80 SERIE II
mouthpiece : Selmer S80 C☆

reed : Vandoren Traditional 3 1/2

 

Tenor Sax : iO TS-1085

mouthpiece : BARI Hybrid 8

reed : Vandoren JAVA 3

 

アルトとソプラノは25年ほど使い続けているもの。マウスピースとリードはアルト・ソプラノ共に、ほぼ変わっていません。(あれこれ試してはいますが、他のものを使い続けるに至らず) アルトのレイキーは10数年前から同じものを使用しています。歯が当たるところがエグれていくので自分で補修しながら使っています。ソプラノのマウスピースは楽器を買った時に付いてきた物なので25年は使っていますね。。何の変哲もないCワンスターなのですが、自分には合っているというか。これもやはり削れてしまうので、補修は欠かせません。ちなみに補修にはmutoのプラリペアを愛用しています。ワンスターは定番の現行モデルなので入手し易い!という事で後継者を探すべく楽器店で10本ほど試奏して、1本だけ近いものがあったのでそれをストックしてあります。テナーのマウスピースは以前に矢沢永吉ツアーに参加するにあたって、当時不慣れだったテナーをいかに楽に吹けるかを最重視して選んだBARIのHybrid。テナーに関してはまだまだ煮詰めていかなければならない部分が多く、これからといったところです。

 

とまあ、改めてどれも非常にベーシック。何かの参考になれば幸いです。もし質問などありましたら、コメント欄かHPのお問い合わせページからご連絡下さい。近々リードについても少し書いてみたいと思います。ではでは〜♪

 

(補修して仕上げる前の状態)

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック