calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
       

Flycatcher / Yuichiro Kato

elementum / L.E.D.

GAIA DANCE / L.E.D.

噂のペン竿

in motion / L.E.D.

categories

archives

久々の琵琶湖!

アニキカトマル!小ツアーの最終日だった大阪のライブを終えて、夜のうちに滋賀に移動。もちろん琵琶湖で釣りをするためです。電車を乗り継ぎ、終電で湖西線のとある駅に降り立つと、昨年この地に工房を移転してきた六度九分の行友さんが出迎えてくれました。行友氏の工房から琵琶湖まで車で約10分!なんという羨ましいことでしょう!まあ、行友さんの場合はお仕事もあるんですけどね。それにしても羨ましい。。。

 

自宅にお邪魔して準備を済ませて床に入るとあっという間に朝♪

眠気も覚めぬ間に琵琶湖に到着です。なんだか夢のようです。

 

IMG_0969.JPG

 

しかしこの日は全く予想外の天気からスタート。梅雨の雨パワーを期待していたんですけどね、、、。それでも1年半ぶりの琵琶湖にテンションが上がります。マリーナ近くのシャローを流すも反応がなかったので、沖のウィードエリアに移動。行友さんから先日ガイドの黒須さんから教わったというミノーをジャーク&ストップ、浮かしてバイトさせるという釣り方の指導を受けてひたすら実践します。しかしあるのはギルのチェイス。なかなか難しいですね〜なんて話していた矢先、行友さんにバイト!

 

IMG_0970.JPG

上がってきたのはこれぞ琵琶湖!な感じのバス。ルアーは六度九分キングマーマーダイヴ。見事な一発でした。ジャーク後のバイトだったとおっしゃっていたと思います。やっぱりこの釣りが効くんだ〜と気合を入れ直してキャストを続くましたが反応がない。。

 

IMG_0974.jpg

陽も高く上がり、空を見上げると太陽の周りにハロと呼ばれる虹のようなものが。これが出ると雨になるとか。

 

ひたすらウィードを探してランガンしていきますが、チェイスもなく時間が過ぎていく。気がつけばお昼ご飯も食べるのも忘れて午後に突入していました。釣りしているとこうなっちゃうんですよね。。笑

 

その後、岸寄りに大きくエリアを変更。ジャークで痛み出した左手を休ませるためにフットルースのボーンモデルをシャラシャラテロテロ巻いていると突然のバイト。ちょっと良いやつかも!なんて思いながら寄せていくとやっぱり良いサイズ。リアフック1本だ〜!なんて考えてしまったのが悪かったのか、最後のツッコミでまさかのラインブレイク。16lbフロロの新品のラインがあっさり切られてしまいました。くう〜っ!もちろんフットルースもさようなら。。バスごめん、ボーンモデルごめん。。

 

そんなテロテロ表層引きへの好反応を行友氏が見逃すはずもなく、リリースが間近となっている六度九分の新作トップウォータープラグ、バズボンに強烈なバイトが!

 

IMG_0979.JPG

体高が半端ない筋肉質のナイスフィッシュでした!いや〜素晴らしい。

魚の反応からそれを反映させて釣り上げる行友さんの技術に脱帽です。

そしてバズボンのリリースが楽しみになったのは言うまでもありません。

 

その後もタイムリミットまでキャストを繰り返しましたが、自分にバイトはなく終了。

逃したあの一本が悔やまれる結果に。ほんと、「釣りあるある」な展開ですね、、笑

 

1年半なんて待てないので、今年もう一度はチャレンジしに行きたいと思いながら琵琶湖を後にしたのでした。

今回もお世話になった行友さん&行友夫人に感謝です。

ありがとうございました〜!!!琵琶湖サイコー!

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック